<<介護予防通所リハビリテーション基本料金表 1割負担>>

 

介護保険適用部分

要支援度 月額サービス費
(介護保険1割負担分)
要支援1 1,712円
要支援2 3,615円

 

実費部分
要支援度 日用品費

教養

娯楽費

日額
要支援1 600 100 200円 900円
要支援2 600 100 200円 900円

 

<加算料金>

介護保険1割負担部分 費用 備考
◎サービス提供体制強化加算(T)イ(要支援1) 72円/月額 介護職員の総数のうち、介護福祉士の占める割合が50%以上。
◎サービス提供体制強化加算(T)イ(要支援2) 144円/月額 介護職員の総数のうち、介護福祉士の占める割合が50%以上。
◎介護職員処遇改善加算 下記注2に記載  
〇リハビリテーションマネジメント加算 330円/月額 多職種協働でリハビリテーション実施計画を作成・実行・評価・見直しを実施。
○運動器機能向上加算 225円/月額 運動器機能向上を目的に運動器機能向上サービスを実施した場合。
○口腔機能向上加算 150円/1回 口腔機能が低下している利用者等に対して口腔機能向上サービスを実施した場合。
○栄養改善加算 150円/1回 低栄養状態等の利用者に対して栄養改善サービスを実施した場合。
〇栄養スクリーニング加算 5円/1回 栄養スクリーニングを行い、介護支援専門員に栄養状態に係る情報を共有した場合。
○若年性認知症利用者受入加算 240円/月額 個別に担当者を定め特性やニーズに応じたサービス提供を行った場合。
○選択的サービス複数実施加算(1) 480円/月額 注3に記載
○選択的サービス複数実施加算(1) 700円/月額 注4に記載
○事業所評価加算 120円/月額 選択的サービス利用者の要支援区分の維持・向上が基準を上回る場合。
〇生活行為向上リハビリテーション実施加算(算定開始日の属する月から3月以内) 900円/月額 生活行為の充実を図る為の目標等をリハビリテーション計画に定めて計画的にリハビリテーションを行う場合。当該加算の算定終了後の減算については下記注5に記載。
〇生活行為向上リハビリテーション実施加算(算定開始日の属する月から3月超6月以内) 450円/月額

 

 

実費部分
○オムツ代 実費

 

*注1  ◎印の項目は利用者全員に必要となります。 ○印の項目は該当者のみ必要となります。

*注2  介護職員処遇改善加算の費用は介護保険1割負担分の総額の3.4%の金額となります。

*注3  運動器機能向上サービス、口腔機能向上サービス、栄養改善サービスの内2種類のサービスを実施した場合。

*注4  運動器機能向上サービス、口腔機能向上サービス、栄養改善サービスの内3種類のサービスを実施した場合。

*注5  生活行為向上リハビリテーション実施加算を算定終了後、引き続き介護予防通所リハビリテーションをご利用された場合は、

      生活行為向上リハビリテーションの提供を終了した日の属する月の翌月から6月以内の期間に限り1月につき要支援認定に

      応じた介護予防通所リハビリテーション費の100分の15に相当する額が減算されます。

*注6  日用品費・・・歯ブラシ、化粧品、シャンプー、石鹸、タオル、ティッシュペーパー等の費用であり、施設で用意するものをご利用

      いただく場合にお支払い頂きます。

*注7  教養娯楽費・・・習字、手芸、音楽、映画、ぬり絵、折り紙等のクラブ、レクリエーション、行事等の材料等の費用であり、施設で

      用意するものをご利用いただく場合にお支払い頂きます。

 

 

 

◆BACK◆